ケアプロストを通販で購入しましょう!

トレチノインとハイドロキノンで美肌女子へ!

トレチノイン(レチノール)は米国で使われている商品でFDAで認可を受けている安全なものです。
主にしわやにきびの治療をする事ができるものなので美容関係で使える画期的な商品と言えるでしょう。
皮膚の古い角質を剥がして新陳代謝をアップさせることができ、表皮細胞の分裂を促進させて再生能力を高める効果を持ちます。
皮脂腺の働きを抑えられる効果や真皮のコラーゲンとエラスチンの生成を促しハリを与えることも可能です。

美容効果の高いヒアルロン酸の分泌を促進させて潤いを与えられるので美肌を意識している人にとって必須と言えるでしょう。
大多数のシミは表皮の深い部分にありますがトレチノインを使うと表皮の細胞が活発化、細胞を押し上げてメラニン色素と一緒に出してしまいます。

皮膚科ではさらにハイドロキノンと呼ばれる商品も出してもらうことができます。
ハイドロキノンも美肌効果のある成分で一般でも市販されています。
これはいちご類や麦芽、コーヒーといったものに含まれている天然の成分です。
写真の現像をしたときに肌が白くなったため美肌効果もあるとして使われているのが特徴となっています。
40年以上も前から美白化粧品に配合されていてアメリカでは頻繁に使われている商品です。

シミを予防できるだけでなく今あるシミにも効果があるのがメリットと言えます。
美白成分にはビタミンCやアルブチンといったものがありますが、それらのものと比べると約10倍から100倍もの美白効果を持っています。
具体的なハイドロキノンの働きは黒色メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制することができ、メラノサイトの減少や還元作用によりメラニンを薄く出来るのが特徴です。
効果の期待できるシミは老人性色素斑と炎症性色素沈着、そばかすと肝斑なので知っておくと良いでしょう。

市販のものでも良いですがより効果の高いハイドロキノンがほしければ美容皮膚科がおすすめです。
トレチノインとハイドロキノンを併用してきれいな肌にできます。

メラケアForteクリーム4%を使ってみよう

濃度の高い美白クリームを購入したいのならメラケアForteクリーム4%を使ってみると良いでしょう。
こちらはしみやそばかすに効果のあるもので有効成分としてハイドロキノンを配合しています。
炎症を抑えるフランカルボン酸モメタゾンやイーリング作用のあるトレチノイン(レチノール)も配合するので理想的な商品です。
必要な成分が詰まっているメラケアForteクリーム4%は個人輸入で手軽に購入できます。

使用すると数日で皮膚の新陳代謝がアップして表皮の角質を剥がすことができ、同時にしみやしわの改善も可能です。
代表的な美白商品にはビタミンCがありますが、こちらは既に出来てしまったシミを消す事ができません。
強力な漂白効果を持つメラケアForteクリーム4%なら出来てしまったシミも除去可能なので美肌を目指しているなら必須です。

具体的な使用方法ですが使用前にパッチテストを行うといいでしょう。
少量を手につけて使用後刺激がないかチェックします。問題なければしみのある部分につけてみましょう。
事前に薬用でない普通の低刺激石鹸で洗い保湿効果のある化粧品で肌を整えておくと安全と言えます。
1日に2回朝と就寝前に利用して6週間続けるのが基本です。

使用してから2週間位は炎症が出てしまいますが、使用を継続すると皮膚が耐性を持ちます。
徐々に反応が落ち着いて皮膚の炎症がなくなっていきます。気をつけておくことは紫外線を浴びないことです。
副作用として紫外線を浴びると色素沈着が発生してしまう可能性があるので注意が必要です。
外に出るときには副作用対策として紫外線対策グッズを使うといいでしょう。

インターネット上にある個人輸入のジェネリック製品販売サイトを使うと簡単に入手可能です。
販売価格も2500円前後なので比較的入手しやすい商品となっています。
使用方法を守れば安全に使えるのでおすすめです。

関連記事

  • ルミガンとケアプロストに違いはあるのか?に関する画像
    2018.05.18

    ルミガンとケアプロストに違いはあるのか?

    まつ毛の育毛剤として知られるようになった、ルミガンとケアプロストという製品があります。 ルミガンは、ビマトプロストを開発したアラガン社(アメリカ本社)が製造販売しています。 もう一方のケアプロストはインドに本社を置くサンファーマ社が製造する...続きを読む

  • 個人輸入代行でケアプロストをお手軽に入手しように関する画像
    2018.06.13

    個人輸入代行でケアプロストをお手軽に入手しよう

    美しく長いまつ毛に憧れる女性は多いですが、つけまつ毛やエクステもあまりに多用していると自毛に負担が掛かり、かえって薄くなったり短くなってしまう可能性があります。 それゆえ、過剰に自毛に負担を掛けないよう注意したいですが、最近は良いまつげ育毛...続きを読む

  • 化粧水を使って乾燥肌対策に関する画像
    2018.08.08

    化粧水を使って乾燥肌対策

    毎日のメイク、そしてメイクを落とすために行うクレンジングによって女性の肌は常に乾燥しやすい状態が続いています。 乾燥肌になってしまうと肌がごわつくだけでなく、肌のバリア機能が低下してしまい様々な肌トラブルを起こす可能性があるので、毎日のスキ...続きを読む