ケアプロストを通販で購入しましょう!

ルミガンとケアプロストに違いはあるのか?

まつ毛の育毛剤として知られるようになった、ルミガンとケアプロストという製品があります。
ルミガンは、ビマトプロストを開発したアラガン社(アメリカ本社)が製造販売しています。
もう一方のケアプロストはインドに本社を置くサンファーマ社が製造する、ルミガンのジェネリック薬品になります。

ルミガンとケアプロストの違いは製造会社と価格の2つだけです。
このまつ毛育毛剤にはどちらにも、ビマトプロストという成分が0.03%ずつ含まれています。

使い方も1日に1回、まつ毛に塗ることが基本的な使用方法です。
ルミガンは始めにできた製品ですので、販売価格は3000円から4000円です。
ジェネリックであるケアプロストは、2000円から3000円で購入することができます。

ルミガンとケアプロストに含まれるビマトプロストという成分は、髪の毛などのサイクルを伸ばす効果があります。
人の身体に生えている毛には発毛と脱毛を繰り返す、一定のサイクル(ヘアサイクル)があります。
ビマトプロストはまつ毛が育つ組織である毛包に働きかけ、このヘアサイクル(毛周期)のうち成長するための期間を長くする効果を発揮します。

まつ毛の育毛剤が効果を感じられるようになるのは、大体12週間(約3ヶ月)といわれています。
臨床試験においては、この期間中に80%の方に効果が確認されています。
ルミガンの効果は2ヶ月から4ヶ月(約16週間)ほどで育毛効果が現われ、使用を中止した後も数週間から約2ヶ月間はまつ毛が育つ効果が持続するとされます。

ルミガンは最初のまつ毛育毛剤として使われてきた実績があります。
ブランド力や知名度はルミガンが上といえますが、効果の面ではケアプロストとの違いは目だってありません。
どちらの製品もはじめは緑内障などの眼圧を下げる薬として販売されました。

その後、まつ毛の育毛効果が発見され、育毛剤として販売された薬です。
医薬品であるために、使用上注意しなくてはならないこともあります。

ルミガンの併用禁忌や注意点

2008年から販売されブランド力のあるルミガンは、眼圧を下げるための薬剤として開発されました。
そのために使用するとき注意することや、併用禁忌の薬も存在します。
医薬品であることを忘れずに、きちんと使用上の注意を守って利用しましょう。

ルミガンを使う前に注意することは、メイクを落としてまぶたを清潔な状態にしておくということです。
これを守らないと、色素沈着などの副作用を発生させてしまいます。
コンタクトレンズを使っている場合は、外しておくことを忘れないようにしてください。
また、色素沈着を起こさないためにも、目の周囲にワセリンやクリームを塗っておきます。

ルミガンをまつ毛に塗るときには、アプリケータを使います。
必ず容器と触れないように1滴だけを移し、アプリケータは1度使ったら捨てて細菌感染などを防ぐためにも、次回は新しいものにします。
まつ毛に塗るときは生え際に沿って、さっと塗ります。

このとき、もう一方の手で少しまぶたを持ち上げると、塗り易くなります。
塗るのは上のまつ毛だけで、下のまつ毛には塗りません。

育毛剤がまぶたの皮膚に付いてしまったときには、ティッシュやコットンでやさしくふき取ってください。
1日1回という使用量を守って、効果が発揮される時間帯の眠りに就く前(22時から午前2時ごろ)に使います。
保存方法も大切で、直射日光を避けて1度から10度くらいの場所に置いておきます。
細菌の繁殖を防ぐ為にも冬場以外は冷蔵庫に保管して、1ヶ月から遅くても2ヶ月以内に使い切りましょう。

眼圧を下げるための薬なので妊娠中や授乳をされている方、それに緑内障や角膜上皮障害などを患った方は使えません。
さらにプロスタグランジン系の点眼剤(ラタノプロスト含有点眼剤)など眼圧上昇の症状が見られるため、併用禁忌となっています。

関連記事

  • 個人輸入代行でケアプロストをお手軽に入手しように関する画像
    2018.06.13

    個人輸入代行でケアプロストをお手軽に入手しよう

    美しく長いまつ毛に憧れる女性は多いですが、つけまつ毛やエクステもあまりに多用していると自毛に負担が掛かり、かえって薄くなったり短くなってしまう可能性があります。 それゆえ、過剰に自毛に負担を掛けないよう注意したいですが、最近は良いまつげ育毛...続きを読む

  • トレチノインとハイドロキノンで美肌女子へ!に関する画像
    2018.07.10

    トレチノインとハイドロキノンで美肌女子へ!

    トレチノイン(レチノール)は米国で使われている商品でFDAで認可を受けている安全なものです。 主にしわやにきびの治療をする事ができるものなので美容関係で使える画期的な商品と言えるでしょう。 皮膚の古い角質を剥がして新陳代謝をアップさせること...続きを読む

  • 化粧水を使って乾燥肌対策に関する画像
    2018.08.08

    化粧水を使って乾燥肌対策

    毎日のメイク、そしてメイクを落とすために行うクレンジングによって女性の肌は常に乾燥しやすい状態が続いています。 乾燥肌になってしまうと肌がごわつくだけでなく、肌のバリア機能が低下してしまい様々な肌トラブルを起こす可能性があるので、毎日のスキ...続きを読む

  • 何故ニキビは何度もできてしまうのかに関する画像
    2018.09.06

    何故ニキビは何度もできてしまうのか

    何故ニキビは何度も生じるのでしょうか、これはスキントラブルを抱える人には悩みの種の一つと言えます。 思春期を迎えた若さあふれる時代と、成人した大人とでは原因が異なります。 鼻やこめかみに額など、いわゆるTゾーンと呼ばれる部位に集中してニキビ...続きを読む